読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタイスマホ(仮)

携帯スマートフォン関連を主に、興味あることを自由に記事にしていきます。    不定期更新ですが宜しくお願いします♪

au、世界で初めて「Tango」の空間認識技術を活用し仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を実施

~「雪ミク (初音ミク)」が現実世界のミュージアムを案内することで、仮想キャラクターが現実に居るかのような体験が可能に~

 

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下KDDI) と、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 (本社: 北海道札幌市、代表取締役社長: 伊藤博之、以下クリプトン) は、「新規ウィンドウが開きますSNOW MIKU 2017」とのコラボレーションの一環として、2017年2月10日から2017年2月12日まで、「雪ミクスカイタウン」(北海道新千歳空港ターミナルビル4階) および「サッポロファクトリーアトリウム」(北海道札幌市中央区北2条東4丁目) の両会場において、3DカメラによるAR体験を実現するGoogle社の「Tango」テクノロジー (以下、Tango) の空間認識技術を活用し仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を世界で初めて実施します。

▼「SNOW MIKU 2017」メインビジュアル

ill. by comet/雪ミク2017 (C) CFM

▼実証実験 体験イメージ動画

本実証実験では、北海道を応援するキャラクター「雪ミク (初音ミク)」(以下「雪ミク」) をキャラクターとして起用し、体験者がTangoに対応したスマートフォン「Lenovo Phab 2 Pro (レノボ ファブ ツー プロ)」にて専用アプリ「ミク☆さんぽ」を起動し、かざすと、3Dで作成した等身大「雪ミク」が、地面の上に立っている姿がスマートフォンの画面に表示されると共に、「雪ミク」をあらゆる角度から見ることができたり、一緒に散歩したりすることができます。
また、体験者がかざすスマートフォンのカメラに映っている展示の絵など、周囲の環境に「雪ミク」が反応することで、あたかも「雪ミク」が現実に居るかのような体験が可能です。
「サッポロファクトリーアトリウム」では、2017年2月11日から2017年2月12日まで、本実証実験の一環として「雪ミク」が歌って踊る姿をあらゆる角度から見ることができるデモンストレーションを体験することができます。
両イベント会場ともに、「雪ミク」が楽曲に合わせて歌って踊る姿を体験用スマートフォンで撮影し、写真をその場でダウンロードすることも可能です。

さらに、「雪ミク」が券面に描かれたプラスチックカード付きのオリジナル「データチャージカード」を、2017年2月11日から、「au SAPPRO」(北海道札幌市北区北6条西2丁目パセオセンターB1階) と「auショップサッポロファクトリー」(札幌市中央区北2条東4丁目サッポロファクトリー三条館1階) において期間限定販売します。

▼プラスチックカード付きオリジナル「データチャージカード」(イメージ)

今後もKDDIは、お客さまにAR技術やVR技術を通じて、次世代のコミュニケーション手段を提案し、体験いただけるよう、実証実験や実用化の検討を進めていきます。

詳細は、新規ウィンドウが開きますWEBサイトをご参照ください。

 

news.kddi.com