読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタイスマホ(仮)

携帯スマートフォン関連を主に、興味あることを自由に記事にしていきます。    不定期更新ですが宜しくお願いします♪

ドコモ、国内最速となる受信時最大682Mbpsの通信サービスを提供開始

-受信時最大600Mbps超の通信サービスが全国で利用可能に-

 

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2つの新技術「256QAM」と「4×4MIMO」を導入し、国内最速となる受信時最大682Mbpsの通信サービスを2017年3月9日(木曜)から提供開始いたします。

受信時最大682Mbpsの通信サービスをご利用いただけるエリアは、サービス開始当初は、東京23区や名古屋市、大阪市など、東名阪エリアの35都市となります。東名阪以外のエリアについても、受信時最大632Mbpsの通信サービスを同日から40都市で提供開始いたします。
これにより、対応端末をご利用のお客さまは、全都道府県75都市で受信時最大600Mbps超の通信サービスをご利用いただくことができます。
さらに、サービス開始後も順次エリアを拡大し、2017年3月末には約130都市にて600Mbps超の通信サービスを提供する予定です。

5分の4K動画の場合、受信時最大682Mbpsの通信サービスでは、LTEの受信時最大150Mbpsサービスに比べ、約5分の1となる25秒でダウンロードでき、お客さまは動画等の大容量のコンテンツも、これまでより快適にお楽しみいただくことができます。

なお、サービス開始時の対応機種は、2017年3月9日(木曜)に発売するモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」となります。

また、既に発売しているドコモ スマートフォン「XperiaTM XZ SO-01J」「V20 PRO L-01J」の2機種については、「256QAM」の技術の活用により、2017年3月9日(木曜)から最大通信速度がこれまでの受信時375Mbpsから受信時500Mbpsに向上いたします。

ドコモは、今後も通信技術及びサービスの高度化に取り組み、お客様により快適で利便性の高い通信サービスの提供を実現いたします。

 

別紙 受信時最大682Mbpsの通信サービス概要

1. サービス内容

受信時最大682Mbps/送信時最大50Mbpsのデータ通信サービス

2. サービス開始日

2017年3月9日(木曜)

3. サービス対応端末(サービス提供開始時)

サービス提供開始時の対応機種一覧表
カテゴリ機種名発売日
Wi-Fi STATION N-01J 3月9日(木曜)

4. サービスエリア

受信時最大682Mbpsエリア : 東名阪エリア 35都市
受信時最大632Mbpsエリア : 東名阪以外のエリア 40都市

5. 導入技術

導入技術の説明表
 概要
「256QAM」 「256QAM」への変調多値化は、一度に運ぶ情報量を増やす技術であり、これまで64QAM(6ビット)の情報量を運んでいたものを256QAM(8ビット)へと増やすことで、約1.33倍の高速化を実現する技術です。
「4×4MIMO」 「4×4MIMO」へのMIMO拡張は、基地局と端末のアンテナ数を2つから4つに増やし、データを多重で伝送することで、高速化を図る技術です。